モンガーの小屋

    日想、ラーメン・グルメ・レシピ紹介、映画・音楽・読書感想、PC・家電・ゲーム、DIY情報をつれづれなるままに。

    エプソンプリンター(PM-D870)にサンワ互換インクを使用してみた

    エプソンプリンター(PM-D870)に
    サンワサプライ互換インク(300-E50S6)を使用してみた



    300-E50S6
    300-E50S6


    プリンタインクって高いですよね。
    本体を安くしてインク代で儲ける商法が根付いてから、ずっと批判はされてるけど特に変わる様子はありません。
    私もこんなやり方、好きじゃないです。

    ただね、一応言っときますが、

    .インク代は適正価格で売るんで、プリンタ本体も適正価格(おそらく今の倍以上の価格になる)で販売している製品。
    .インク代高いですけど本体は安く販売している製品。

    どっちがとりあえず売れるかというと、そりゃの本体が安い方でしょう。
    の販売方式のメーカー製は売れない→本体値下げするしかない→でも利益上がらない→じゃやっぱりインク代上げて稼ぐしかない→の販売方式へ転換。という形にたどり着く。

    今の儲け方がほぼ確立されている以上、メーカーの道徳心や一部の消費者の要望だけでは変える事はできないでしょうね。そんなことやってつぶれてしまっては意味ないし。

    スマホの販売方法も似たり寄ったりでしたが、格安SIMの登場で少しづつ流れが変わっていきました。

    これを無理矢理インクの場合に置き換えると、格安SIMの位置づけは互換インクでしょうw。
    じょじょに販売が広がってきています。
    まあ、メーカーからすれば冗談じゃないでしょうし、その気持ちも分かるんですが、

    とにかくもう、純製インクの値段の高さにはうんざり。

    互換インク(リサイクルインク)にしようじゃないか。
    しかしながら、リサイクルインクも玉石混交で、機種との相性だったり、インクそのものの質など、高評価低評価入り混じってます。
    評価が高い物は値段も高目。やはり詰め替え作業をきっちりやってる分、コストがかかるのでしょう。
    ただ有名な「エコリカ」でさえ、液ダレするとか評価はまちまち。そして純正品とあまり値段が変わらないようだったら意味ないし。

    そこで見つけたのが自分でインクを補充するタイプ
    使い終わった純正のインクカートリッジに補充するのでプリンターとの相性とかいいんじゃないかと思ったんですが、カートリッジに穴を開けたりとか詰め替え作業が結構めんどくさそう。カートリッジのICチップ情報を初期化するリセッターも必要だし。

    どうしようかと思っていたら「空きカートリッジ+替えインク」をセットで販売してるの見つけました。これだと、ただインクを補充するだけで済む。穴あけもリセッターも不要。

    300-E50S6-sanwa
    購入してみました(サンワサプライ互換インク(300-E50S6))。


    <使用感>
    プリンター本体が古い機種なので(メーカーの互換インク使用妨害対応がされてない)、インク残量も普通に表示されるし印刷も問題ありません。

    ただ使い始めに色合いがかなりおかしくなりますので、ヘッドクリーニングをしてから使用しなくてはなりません。ヘッドクリーニングはインクを結構消費しますので普通は嫌なのですが、これは純正品の値段と比べて実質6分の1以下。そんなに躊躇することなく実行できます。

    おすすめの一品です。






    スポンサーサイト

    PS4導入とHDMIセレクターの問題

    PlayStation4 導入とHDMIセレクターの問題

    PS4を年末年始キャンペーンでついに購入。

    PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト 500GB (CUH-2200AB02)

    色は白(グレイシャーホワイト)にしました。
    私のイメージは、ファミリー向けの任天堂は白。ちょっと硬派なプレステは黒。
    だったんですが、黒い棚にPS3(黒)を収納した際、ほとんど見えなくなり存在感がなかったんで今回(PS4)は白にしました。

    PS4とWiiU
    WiiUも電源タップも白だし、結果的に統一感が出て良かったです。

    黒はホコリが目立つ、白は汚れが目立つ、とそれぞれ一長一短なので、最終的には家のインテリアを考慮したりして自分の好みで選ぶのが正解かと。
    表面の材質は細かい粒があってザラザラしたマットな質感です。ツヤツヤツルツルのPS3からの変化です。

    さて、キャンペーンの2本無料DLですが、
     
    「グランツーリスモSPORT」 「Detroit: Become Human」を選択。


    最後まで「デトロイト」と「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」のどちらにするか迷いましたが、キャンペーンがなければたぶん興味を持ったり手にすることがなかったであろう物を選びました。
    いざダウンロードすると容量が「グランツーリスモSPORT」は約100GB、「デトロイト」は約50GB。2本DLするのに2日かかりました。
    ダウンロードコンテンツって本体が500GBだとソフトによるけど4,5本くらいしか入れることができなさそう。そしてDLには何時間もかかる。本体の容量1TBを推す人ってこういう事を言ってたんだなと実感しました。


    <映像と音が途切れる>

    で、PS4を購入して数日、電源入れるとテレビに映らない。映ってもとぎれとぎれ、音も同じく。 
    いきなり初期不良!?故障!?マジかソニー!?
    と落胆してネットを調べると、A「熱暴走」 or B「HDMIセレクタとの相性」の問題であると判明。


    そこで本体裏面の通気口の通りを良くするために、棚背面の穴を広げてみました。
    映りました。しかしホッとしたのもつかの間、数分後にまたとぎれとぎれ状態に。


    今度はHDMIセレクタを介さずに直接ケーブルをテレビに接続。
    やっととぎれとぎれ状態が解消されました。

    HDMIセレクタとは2台以上の機器をつなげて一つのケーブルに出力する物。要は複数の機器をテレビにつなげる際、HDMI差し込み口使用が一つですむ&テレビ背面のケーブルがすっきりできる物。
    ほとんどがACアダプタがいらないタイプで、つなげた機器からの微電力をHDMIケーブルを介して使用するタイプなんですが、PS4はこの微電力がさらに微力らしく、誤作動の原因になるそうです。
    なのでPS4でHDMIセレクターを使用する場合はACアダプタもしくはUSB電源接続可能なものを選ぶしかないのかなと。

    ちなみに私が使っていたセレクターは「サンワサプライ HDMI切替器 SW-HD31」です。「WiiU」と「PS3」利用時には問題なく使えてた良品でした。