モンガーの小屋

    日想、ラーメン・グルメ・レシピ紹介、映画・音楽・読書感想、PC・家電・ゲーム、DIY情報をつれづれなるままに。

    自作スピーカー ~ ダブルバスレフ編

    ダブルバスレフ型の自作スピーカー DIY

    ダンボールバスレフ型 → 100均のMDF材バスレフ型
    バックロードホーン型で自作スピーカーは完結したと思ったんですが
    やっぱ聴いてると物足りなくなってきます。

    どうしても素人レベルだと、設計や木材カットの精度が甘々なんで仕上がりもそれなりにならざるを得ないというのもあります。

    自作スピーカー ~ ダブルバスレフ
    今回はスピーカーユニット製造元FOSTEXが公表している設計図をもとに「ダブルバスレフ」式のスピーカー自作にチャレンジ。
    「ダブルバスレフ」の特徴は、低音の帯域幅が広い、、らしい。
    そして「バックロードホーン」と同じく完成型ではほとんど市販されてないスピーカーになります。

    自作スピーカー ~ ダブルバスレフ内部1 自作スピーカー ~ ダブルバスレフ内部2
    ダブルバスレフ型スピーカーの内部。
    バスレフ型を2つくっつけた感じ。


    自作スピーカー ~ ダブルバスレフ
    中身を見ないと「ダブルバスレフ」式だとは分からないですね。

    バックロードホーンのスピーカーを解体して作りました。
    なのでスピーカーユニットも「FOSTEX 10cmフルレンジユニット P1000K」の流用です。

    前回、前々回と苦労した円形の穴あけは、ダクトは「ホールソー」を購入して空けました。
    スピーカーユニット取り付け穴は「ジグソー」を購入して空けました。

    「ホールソー」はドリルに取り付けて使うのですが、貫通させるのに思ってたよりも大分時間がかかりました。
    そして「ジグソー」での穴あけはかなり手間取りました。製品説明写真のようにうまくは曲線切り出来ん!
    やっぱ穴あけは「自在錐」が良さげです。


    <自作ダブルバスレフ型スピーカー音質まとめ1>

    完成して「音」を鳴らしてみると、、どうなんだろう、、思ったほどではないというか、「バックロードホーン」のような「なるほどね~」というような特徴があまり感じられない。
    単純にバスレフ型の低音強化版ととらえてたんですが、低音の伸びはそれほどではないし、むしろ高音がキンキンする感じ。シンプルそうで調整は意外と難しい型なのかもしれない。

    吸音材で改善しました。


    <自作ダブルバスレフ型スピーカー音質まとめ2>

    あまりにも音がスカスカなので、後日、吸音材を思いっきり増やしました。
    自作ダブルバスレフ型スピーカー 吸音材
    「100均のレンジ用フィルター」+「ホームセンターの金魚用の浄化フィルター」

    高音の硬さが抑えられて、低音の迫力が倍増。
    基本的にスピーカーの吸音材は、高音を吸収し、低音はスルー、フィルターの網目の空間によりスピーカー内部の体積UP、といった役割があります。コンパクトなスピーカーで迫力を出すには特に重要なアイテムです。
    側面の板もより密着させるためにビス止めの個所を増やしました。
    これで、ダブルバスレフいいじゃない的な、満足度が十分なレベルになりました。



    自作スピーカー ~ ダブルバスレフ設置

    自作スピーカーって日曜大工レベルの腕だとやっぱ難しいですね。
    でもこれで代表的なスピーカーエンクロージャーを一通り作ることができたので満足です。
    構想や製作に多大な労力を費やした自作スピーカーもこれで終わり、、にしたいw

    次回あるとすれば、エンクロージャー(箱)は市販品を購入だなw


    <参考サイト>
    「P800K」「P1000K」ダブルバスレフFOSTEX公式設計図


     


    スポンサーサイト
    [ 2018/01/07 19:22 ] DIY | TrackBack(0) | コメント(0)

    原付で灯油ポリ缶を運ぶ台を自作

    原付バイクで灯油缶を運ぶ台を作成-自作DIY


    原付バイク灯油缶台-自作DIY-1


    寒い季節になると必要なのが暖房。
    そして、石油ストーブや石油ファンヒーターに必須なのが灯油。

    灯油を買いに行くのや、ストーブに灯油を入れたりするのが面倒というので、エアコンや電気ファンヒーター、電気ストーブを使ってる人も多いでしょう。

    私は、電気代が高い、部屋が乾燥する等の理由で石油派です。
    灯油は原付でセルフスタンドまで入れに行ってるんですが、18Lのポリタンクだと原付より横幅が広いので足場に置いても安定しないんですよね。
    右左折時に車体が斜めになる時、ポリタンクが横滑りしてそのまま道に倒れる事も。
    気を遣うし、危ないので専用の台を作りました。


    原付バイク灯油缶台-自作DIY-2 原付バイク灯油缶台-自作DIY-3
    車幅に合わせて枠を作ります。
    太い木をビスでとめる場合にはビスの長さが足りません。長いビスを使えばいいんでしょうが、そういうのはあまり種類がない上に値段が非常に高い。
    座グリルドリルを使い、木に大きめの穴を空けた上でビスをねじ込む方法をとりました。


    原付バイク灯油缶台-自作DIY-4 原付バイク灯油缶台-自作DIY-5
    完成、、ですが、何か大げさな上に不格好。運転時に足を置く位置に困るという結果に。


    原付バイク灯油缶台-自作DIY-6 原付バイク灯油缶台-自作DIY-7
    改良版。
    化粧板で足場を作り直しました。
    これを基に新たに作り直せば、もっとスマートな物が出来るのでしょうが、使うの冬場の週一だけだし、良しとします。
    原付での灯油運びがかなり楽になりました。


    <モンガーの小屋 関連ブログ記事>
    原付バイクスクーターレッツ2(Let's 2 CA1PA) 関連記事 リンク一覧目次





    [ 2017/12/24 12:57 ] DIY | TrackBack(0) | コメント(0)

    チープシチズン「D014-304」購入・ベルト交換 ~交換編~

    チープシチズン Q&Q Falcon 「D014-304」
    を購入してベルトを交換してみた


    その2 ~交換編~


    チープシチズン Q&Q Falcon D014-304 シチズン「D014-304」。
    ベルトを交換します。
    考えたら、安い時計なのでベルトもそのまま使えばいいんじゃないかと気もしますが、アレンジを楽しむということで。

    ベルト交換には「ばね棒外し」という工具が必要です。
    必須ではないんで、マイナスドライバーなどでの代用は可能でしょうが、あった方が数段いい。
    ネットで、工具無しでも簡単だよという意見はあまりあてにしない方がいい。
    交換時の注意点としてはバネがすっとんでどっか行ってしまうこと。小さいんで探すの大変です。

    Q&Q Falcon 「D014-304」
    交換完了。
    交換ベルトも安物なのでチープさは変わらないw
    日々のちょっとした気分転換にはいいと思います。



     


    [ 2017/03/24 21:09 ] DIY | TrackBack(0) | コメント(0)

    チープシチズン「D014-304」購入・ベルト交換 ~購入編~

    チープシチズン Q&Q Falcon 「D014-304」
    を購入してベルトを交換してみた


    その1 ~購入編~


    シチズンD014-304
    チープシチズン Q&Q Falcon D014-304

    数年前から流行りだしたチープカシオとチープシチズン。
    ジャパンクオリティを1000円程度で手に入れられる手軽さと、レトロチックでシンプルなデザイン、が受けているらしい。
    「英国人男性が約20年前に紛失したデジタル表示の“チープカシオ”を自宅の庭で偶然見つけたら動いていた」「しかも7分しか遅れてなかった」というSNSの投稿で爆発的に注目を浴びたとも言われています。
    今では「チプカシ」「チプシチ」という愛称も生まれ浸透しています。

    腕時計はしないという人は別にして、大体の人は腕時計に凝るというか興味を惹かれる時期が一度はあるんではないでしょうか。男性はそのコンパクトな中に凝縮された精巧な作りに。女性はかわいさやブランドに対する憧れ等で。

    でも、凝りやこだわりって一周することがある。複雑な過程を経て行きつく先はシンプルさであったりする。
    単純で小バカにしてた物に洗練された機能性を見出した時、自分の未熟さに気づかされる。

    そして、巷でよくうたわれる「飽きがこないデザイン」など厳密には存在しない。
    「新鮮さ(懐かしさ)」と「愛着」と「飽き」は、これまた順に繰り返される気がする。

    そんなサイクルの中で、新たなスパイスを感じるに手頃な「チープ腕時計」を買ってみました。

    前置き長いですか? そうですかw

    ~購入編~
    「チプカシ」「チプシチ」共に種類はかなり多い。
    値段は1000円~2000円。
    似たようなデザインが多いので、どれがいいのか迷う迷う。
    使用用途などで絞り込んでいく方が良い。

    私の場合:
    今まで使用してきたのはデジタル時計がメインだったのでアナログでいきます。
    時計で日付を確認するクセがついてるので、日付表示が欲しい。
    実用性の面で文字盤は視認性の高い数字が良い。
    ケースは樹脂より合金がいい。

    となるとシチズンが候補になりました。

    シチズンD014-304D014-304

    シチズンD008-304 シチズンD016-304 シチズンD018-304 シチズンD020-304
    左からD008-304   D016-304    D018-304    D020-304

    「7つの違いを探せ」みたいな感じ。
    絞り込んだけど、この細かい違いから1つを選ぶとなったら、さらに大変。
    数字のフォントや、長短針の形、ケースの大きさ、でさらに絞ります、、、が、最終的には直観と勢いで決めるしかないですねw


    チープシチズン Q&Q Falcon D014-304
    D014-304を購入しました。
    ベルトがイマイチなので交換します。


       
    選択肢を広げると「あっ、これもいい、こっちもイイね」という風に収拾つかなくなりますw
    それはそれで楽しいんですけどね。


    [ 2017/02/05 01:56 ] DIY | TrackBack(0) | コメント(0)

    マウンテンバイク 自転車のサドル交換 VELO VL3147

    マウンテンバイク MERIDA
     自転車のサドル交換 VELO VL3147



    マウンテンバイクのサドルをジェル入りの物にしてたのだが、
    真夏の暑さにやられたのかヒビ割れてジェルがはみ出してきた。
    (カバーかけたままであまり乗ってなかったせいもある)
    SERFAS(サーファス) MSD-100
    SERFAS(サーファス) イーゲル メンズ ブラック MSD-100
    尻も痛くなく、良い商品だったんだけどね。


    サドルを交換します

    自転車のサドル交換
    付け根のネジをスパナ#14で回して外して、新しいサドルを取り付けました。
    外すのは難しくないけど、新しいのを付ける時、サドルの位置調整(前後の位置や傾き)に多少手間取るかな。
    乗って、降りて調整して、ということを何回かすることになるでしょう。
    ネジを緩くしたままで乗るとサドルの位置がズレるし、固くしめると再調整で緩めるの面倒くさいし。てな感じで。


    SERFAS(サーファス) イーゲル メンズ ブラック MSD-100
    VELO Plush VL3147 男性向けサドル VL3147
    新しく購入したのは真ん中に穴が開いてる物。
    男性には分かると思うんですけど、自転車って長時間乗ってると「ティンティン」が痛くなるというかシビれてきます。
    以前のサドルは、尻は痛くなかったんですけど、○ん○んの方はしびれてました。
    今回のはおかげさまでそういうのはなくなりました。
    でも、以前のに比べたらジェルが無く固い分、尻がちょっと痛い。

    まあそれぞれ一長一短あるということで。


     


    [ 2016/11/20 19:15 ] DIY | TrackBack(0) | コメント(0)