モンガーの小屋

    日想、ラーメン・グルメ・レシピ紹介、映画・音楽・読書感想、PC・家電・ゲーム、DIY情報をつれづれなるままに。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    夏に読むおすすめ本 - 冒険・SFモノ3冊

    夏に読むのにおすすめな本
    冒険・SFもの3冊


    夏の読書100冊とかあるんですけど、そんなには読めないですよね~。

    本が心にしみるのって、読んだ時の年齢であったりとか気分であったりとかさまざまな要因があります。
    結構、運ですね。

    そんな中、季節によってハマる本も当然あります。
    今回は夏休みにおすすめな本を、読む時期にわけて感想付きで3冊紹介。


    7月中旬に読むのがおすすめ
    エンデュアランス号漂流
    エンデュアランス号漂流
    アルフレッド・ランシング
    山本光伸 訳

    気付いたら夢中で読んでました。果てしない氷の世界で生き抜いたイギリス人探検家シャクルトンと隊員28人の冒険記ではなく漂流記。

    隊員達は何度もとんでもない寒さと空腹に襲われます。天気が良くなり登場するアザラシやペンギン達。読んでいて彼らが食料になってしまうのは最初ちょっとかわいそうだなと思うんです。それが段々、よっしゃいただき!みたいな感じになるんです。

    腹が減ってしょうがない時に焼肉を食べるような、体が冷え切った後に風呂に入るような、あの何ともいえない至福の時。そういう情景が目に浮かんでくるんです。

    絶望的な状況下でもそんなに悲壮感を感じさせないのは探検隊にも作者自身にもユーモアの精神があるからでしょう。
    ペンギンを狩る場面で「全員がペンギン大虐殺に手をそめ、、」というブラックジョークには思わず吹き出しました。

    海外の作品なんで、風景などの文章表現が独特な言い回しでなかなかなじめなかったりするんですが、100ページほどがんばって読めばあとはこれっぽっちも飽きることなく読み進めます。傑作ノンフィクション作品。

    夏が佳境に入っていく時期に読めば、気分も盛り上がっていくことでしょう。



    7月下旬から8月中旬に読むのがおすすめ
    アラスカ物語
    アラスカ物語
    新田次郎

    これ読んでアラスカに移住した日本人もいるくらい。そんな影響力を持った名作。
    一人の日本人が極寒の地で奮闘します。

    話はそれますが、映画「南極物語」など夏にはなぜか寒い物語が公開されます。でも冬にも寒い物語は公開されます。
    冒険主体なストーリーだと夏。シリアスなストーリーだと冬。そんな区分けがされてるのでしょう。

    今作はどっちだろうと考えると、両方の要素が含まれていながらやっぱり夏だなど。
    しかし、同じ冒険であっても まだ見ぬ世界への冒険というよりか、地に足をつけて挑む人生への冒険。
    晴れ渡った7月の空よりも、台風など空がいろんな顔を見せる8月に読むのが最適、そんな気がします。



    8月中旬から下旬にかけておすすめ
    マイナス・ゼロ
    マイナス・ゼロ
    広瀬正

    タイムマシンものって切ないストーリーが多い。いや、タイムマシンに限らずSFもの全般に対して言えることかもしれない。
    非常にシンプルな想像未来というのは、人に夢を与え共感させる下地としては十分要素なのでしょう。

    昭和ノスタルジー全開の世界観に緻密なストーリー展開が心地良い今作。
    お盆過ぎて夕立の後に垣間見せるあの涼しさや、ツクツクボウシが鳴きだし夏ももうすぐ終わるのかという寂しさ、そんな時期に読めば感情移入もしやすい。
    映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が好きな人には特におすすめ。
    日本語で書かれたタイムマシンものの最高傑作と呼ばれるのも納得の作品です。



      


    スポンサーサイト

    刑事コロンボのタイトル名一覧と一言コメント

    刑事コロンボのタイトル名一覧
    と一言感想コメント


    刑事コロンボ_タイトル

    NHK BSで放映中の「刑事コロンボ」「新刑事コロンボ」シリーズ(ノーカットHDリマスター版)。
    約1年半かけてやっと見終わりました。
    大体、1話75分なんですが、中には100分近い作品もあり結構見るのに時間かかりました。


    子供のころ見てたコロンボって、うだつのあがらない刑事がヒラメキでじわじわと解決策を見出していく印象だったんですが、大人になって見ると全然違いました。

    実はコロンボは相当なキレもので、パッとしない風采も相手を欺くためのよう。でも偽ってる感じではなく元々無頓着なようにも見える。
    会話に関してはかなりのKY。相手の話の腰を折るのはもちろん、自分自身の話の腰さえ折ります。興味をひきつけては別の話をして相手をじらす。話がやっと終わったと思ったら帰り際に「あと、もうひとつだけ」攻撃。
    メモ魔のクセに手帳がすぐ出てこない。ペンも出てこない。なので相手に借りる。借りたらそのまま持ち帰ろうとする。
    たまに逆襲されますが、困った風をしながらも意にかえさない。

    そうです、コロンボって煮ても焼いても食えないおっさんです。
    これも一つのプロのあるべき姿なのか。
    まあそうはいっても、全編にわたる愛きょうと共に厳しさや優しさなどの情をみせたりと、いろんな面をもった人物です(キャラの設定がふらふらしてる気もしますが、そこがまた良さでもあります)。

    肝心の作品としては、ストーリー展開的に傑作と言えるほどの秀逸なものはあまり多くないんですが、クセのある犯人(毎回の豪華キャストにも注目です)と、これまた相当クセのあるコロンボのやり取りに(たまにイライラしながらも)、つい見てしまう魅力は十分にあります。


    そんな刑事コロンボシリーズ(新旧全69話)の一覧をまとめてみました。
    さらに、きまぐれで一言っぽいコメントもつけてみました。

    ★刑事コロンボ 全45話
    [01] 殺人処方箋
    [02] 死者の身代金
    [03] 構想の死角
    [04] 指輪の爪あと
    [05] ホリスター将軍のコレクション
    [06] 二枚のドガの絵
    [07] もう一つの鍵
    [08] 死の方程式
    [09] パイルD-3の壁
    [10] 黒のエチュード
    [11] 悪の温室 *オチがあっさりし過ぎ。登場人物のキャラは面白い。吹替えに山田康雄。
    [12] アリバイのダイヤル
    [13] ロンドンの傘
    [14] 偶像のレクイエム
    [15] 溶ける糸 *レナード・ニモイ出演
    [16] 断たれた音
    [17] 二つの顔
    [18] 毒のある花
    [19] 別れのワイン *上品で最高傑作と言われるのも分かる
    [20] 野望の果て
    [21] 意識の下の映像 *粗もあるけれどなかなか楽しめる
    [22] 第三の終章 *存在感のあるキャラと展開で印象的な作品
    [23] 愛情の計算 *ロボット登場でちょっと笑えるが、SF的古典サスペンスとしてみれば駄作ともいいきれないのかな。
    [24] 白鳥の歌 *ジョニー・キャッシュ出演
    [25] 権力の墓穴
    [26] 自縛の紐
    [27] 逆転の構図 *前半の雰囲気は名作の予感大だったが、終盤やラストは物足りなかった。
    [28] 祝砲の挽歌
    [29] 歌声の消えた海
    [30] ビデオテープの証言
    [31] 5時30分の目撃者
    [32] 忘れられたスター *ちょっと切なくてコロンボ作品っぽくないが佳作。
    [33] ハッサン・サラーの反逆
    [34] 仮面の男
    [35] 闘牛士の栄光
    [36] 魔術師の幻想
    [37] さらば提督
    [38] ルーサン警部の犯罪
    [39] 黄金のバックル *人生ドラマとしてなかなかの出来。
    [40] 殺しの序曲 *キャラは面白いが後半がちょっと拍子抜け。
    [41] 死者のメッセージ
    [42] 美食の報酬
    [43] 秒読みの殺人
    [44] 攻撃命令
    [45] 策謀の結末


    ★新刑事コロンボ 全24話
    [46] 汚れた超能力
    [47] 狂ったシナリオ
    [48] 幻の娼婦
    [49] 迷子の兵隊
    [59] 大当たりの死
    [50] 殺意のキャンバス
    [51] だまされたコロンボ
    [52] 完全犯罪の誤算
    [53] かみさんよ、安らかに
    [54] 華麗なる罠
    [55] マリブビーチ殺人事件
    [56] 殺人講義
    [57] 犯罪警報
    [58] 影なき殺人者 *アリバイの作られ方が不自然(秘書のスピード違反)
    [60] 初夜に消えた花嫁 *普通のB級刑事ドラマ物
    [68] 奪われた旋律
    [61] 死者のギャンブル
    [62] 恋におちたコロンボ
    [63] 4時02分の銃声
    [64] 死を呼ぶジグソー *バートヤング出演
    [65] 奇妙な助っ人
    [66] 殺意の斬れ味
    [67] 復讐を抱いて眠れ
    [68] 奪われた旋律
    [69] 虚飾のオープニング・ナイト(殺意のナイトクラブ) *前話より数年後の単発物。コロンボの白髪の容姿にまず驚き。じわじわと攻めていくコロンボの捜査手法と最後の見せ場がなかなか良い。






    刑事コロンボ「殺しの序曲」偽金貨のなぞなぞ

    刑事コロンボ「殺しの序曲」
    で犯人がコロンボに出したなぞなぞ
    『偽金貨の見分け方』


    刑事コロンボ_殺しの序曲_タイトル

    ドラマ本筋とは直接関係ないんですが、「なるほど~!」と思ったナゾナゾの紹介。


    Q.
    複数の袋にそれぞれ複数の金貨が入っている。
    袋の数や金貨の数はいくら多くてもいい。

    偽金貨のクイズ1
    分りやすく、3つの袋としましょう。

    しかし、一つの袋の中には全部偽造の金貨が入っている。

    偽造金貨は重量が違う。
    例えば本物の金貨が一枚100gだとすると、偽造金貨は一枚110g。

    ここに量り(ハカリ)がある。そのハカリは一度しか使えない。
    さて、一度だけで偽造金貨を見分ける方法は?


    ちなみに、
    コロンボが途中で出した答え
    全部ハカリに乗っけて一つづつ取っていく。

    ダメです。ハカリは一度しか使えません。

    刑事コロンボ_殺しの序曲
    さあ、どうする?



    A.

    刑事コロンボ_殺しの序曲_クイズ答え

    第一の袋から金貨を一枚とる。
    第二の袋から金貨を二枚とる。
    第三の袋から金貨を三枚とる。
    全部で六枚。これをまとめてハカリに乗せる。

    全部本物の金貨であれば重さは600g
    第一の袋が偽物なら重さは610g
    第二の袋が偽物なら重さは620g
    第三の袋が偽物なら重さは630g
    になる。
    これで偽金貨の入った袋が分かる。

    刑事コロンボ_殺しの序曲_後半








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。