モンガーの小屋

    日想、ラーメン・グルメ・レシピ紹介、映画・音楽・読書感想、PC・家電・ゲーム、DIY情報をつれづれなるままに。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    「Lepy LP-2024A+」と「Orange Line DAC」で超小型AVアンプを自作 ~その2~

    「Lepy LP-2024A+」と
    「Orange Line DAC」で
    自作「超小型AVアンプ」を組み立てる


    その2
    ~ 「Orange Line DAC」感想レビューと自作収納ラックでAVアンプ完成編 ~


    Digital to Analog Converter (D/Aコンバーター)。略してDAC(ダック)。デジタルをアナログへ変換するもの。
    この機器もピンキリですが、格安で安心感もある「Orange Line DAC」を購入しました。


    Orange Line DAC
    Orange Line DAC 1980円
    型番とかないんですよね。
    でもコンパクトで作りもしっかりしてます。
    この機器をはさむ事により、TVの光音声出力→「Orange Line DAC」→中華アンプ「Lepy LP-2024A+」→スピーカーといった形の、つなぎっぱなしで好きな時だけアンプのスイッチ入れて外部スピーカーで聴くことが可能になります。


    <「Orange Line DAC」簡易な感想レビュー>
    そもそも廉価な「DAC」って需要があるのかなと思うんです。PCに付いてるイヤフォン端子などはPC内部でデジアナ変換されてるし、デジタル出力をするなら「光出力端子付きのオーディオボード」を取り付けるだろうし、廉価な「DAC」を取り付ける余地がない。
    流行りのハイレゾなどを高音質で楽しむためには「USB接続のハイレゾ対応DAC」は当然視野に入ってくるだろうけど、3万以上はする。
    そう考えると、今回のようにちょっと変わった用途に使用するために存在するかのような廉価版「DAC」の存在はありがたい。
    音質的には解像度が上がる程度で、音の広がりなどに関してはイヤフォンジャックからつなげるのに比べて劇的に良くなることはない(それぞれに一長一短がある感じ)。
    まあ、使用用途が音楽鑑賞ではなく、たまに観る映画鑑賞用であり、テレビのスピーカーより迫力があればいいっちゅうのもあるので、要求のハードルはもともと高くないわけだし。

    Orange Line DAC端子
    難点を上げれば電源スイッチが付いてない事。
    ACアダプタで接続してると、ずっと赤いランプがつきっぱなしの状態になる。
    そして前面と後面にインプット・アウトプット端子がそれぞれ分かれて付いてるので、各端子をつなげた時のすっきり感がまるで無い。
    コンパクトさを考えれば致し方ないとも言えますが。


    <収納ラックをDIYして超小型AVアンプにする>
    100円ショップでMDF材(300×400×6mm)を購入。
    「20cm×10cmを2枚」「10cm×6.5cmを2枚」切って木工用ボンドで貼り付け箱を作ります。

    「Lepy LP-2024A+」と「Orange Line DAC」を収納し「手元スイッチ」を取り付けます。
    この「手元スイッチ」があればACアダプタを抜き差ししなくても、手元で電源をON/OFFできるので便利です。
    電源タップの手元版ってとこか。

    DIY超小型AVアンプ
    これで、そこそこ格安な超小型AVアンプの完成です。


    <その他>

    <ACアダプター>
    ちなみに中華アンプのアダプタなど電圧が高いものを間違って本機に差し込むと一発で壊れます。分かってる人には当たり前の事なんですが、機器に差し込むプラグ形状も似てるし、注意が必要です。

    <基盤>
    Orange Line DAC 基盤
    きちんとした作りです。

    <メーカー>
    購入後、大分経ってからのメーカーへの質問に対して非常に親切丁寧に対応をしてくれ感謝しています。
    こういう誠実さが商品にも反映されてる気がします。



    <関連記事>
    その1 ~ 「Lepy LP-2024A+」感想レビューとTV接続編 ~



       


    スポンサーサイト


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。