モンガーの小屋

    日想、ラーメン・グルメ・レシピ紹介、映画・音楽・読書感想、PC・家電・ゲーム、DIY情報をつれづれなるままに。

    ひなせ甚九郎市 2009年2月1日(日)

    日生のかきまつり「ひなせ甚九郎市」に行ってきました。
    毎年毎年行きたいと思いつつ何年も経ってたんですよね。

    岡山-日生
    9:22-10:20
    播州赤穂線にて片道820円

    ひなせ甚九郎市-01 ひなせ甚九郎市-02
    日生駅に着くと、目の前から無料の直行シャトル船が出ています。

    ひなせ甚九郎市-03 ひなせ甚九郎市-04
    5分程で会場の「五味の市」周辺に到着。無料の焼きがきをゲット、、なんですが3重くらいの人だかりでした。一番前に出れてからもしばしの煙を浴びて焼きあがるのを待ちました。

    ひなせ甚九郎市-05 ひなせ甚九郎市-06
    「かき雑炊 200円」と「かき田楽 200円」
    かき雑炊と聞くとすげーおいしそうですが、出汁とか牡蠣からきちっととってるのかな。なんか雑炊というか普通の「みそ汁ご飯入り」に牡蠣をポンと入れました的な。
    「かき田楽」はやっぱポン酢で食べたい、、田楽にならんか。

    ひなせ甚九郎市-07
    「かきラーメン 500円」
    ちょっと高くねえか。「かきうどん 400円」もあったんだけどラーメン好きとしてはこっちを選ばずにはおれなかった。これも普通のラーメンに牡蠣のっけただけ風な。ただ牡蠣自体はちょっと味付け調理がほどこされてクリーミーでした。


    ひなせ甚九郎市-08 ひなせ甚九郎市-09 ひなせ甚九郎市-10 ひなせ甚九郎市-11
    市の会場内にて
    揚げ物3ヶで500円 ブリの刺身500円 白菜漬物100円 プリン7ヶ1000円
    揚げ物は出来たて時、油ギットギットでうまかった。
    ブリの刺身もうまかった。
    白菜漬物もうまかった。
    プリン(日生とは何の関係もない)もうまかった。
    ひなせ甚九郎市-15
    製造は倉敷市水島。



    ひなせ甚九郎市-12 ひなせ甚九郎市-13 ひなせ甚九郎市-14
    正午から消防団による源平放水合戦が始まります。
    寒い中、水のかけ合いするわけで頭が下がります。
    放水が始まってからも割合近くまで行けます。
    五色の放水が始まると歓声が上がりましたが、、その直後風向きが変わり上空に放たれた水が小雨のように観客に降り注ぎました。歓声は逃げ惑う観客の悲鳴に変わりました。

    帰りはフェリーに乗らず駅まで歩いて帰りました。徒歩15分くらいかな。途中に小屋の様なお好み焼き屋がありましたが当然結構な行列でした。

    13:02日生発のJRで14:08帰岡。


    今回のカキ祭り、期待してたんですけど、肝心のカキがあまり食べれないというのが難点でした。「殻付き焼き牡蠣」も「カキオコ」や「牡蠣の串焼き」も全て長蛇の列でして。
    家に着いて思ったことが「あ~牡蠣食いてえ」でしたもん。
    でもまあ行けてよかった。今度はカキオコ食べるぞ。


    日生カキオコHP

    岡山県水産物直売所MAP
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL