モンガーの小屋

    日想、ラーメン・グルメ・レシピ紹介、映画・音楽・読書感想、PC・家電・ゲーム、DIY情報をつれづれなるままに。

    高橋留美子展2009 高松市美術館

    高橋留美子展1 高橋留美子展2
    高橋留美子展-高松市美術館 2009/9/25~2009/11/01 入場料1000円
    永遠のアイドル-めぞん一刻の音無響子さんに会うため高松市美術館へ行ってきました。


    高松駅1 高松駅2
    岡山-高松 JRマリンライナーで片道1470円 約1時間
    高松へは余った青春18きっぷを使って2度程うどんだけ食べに来たことがありますが、その当時とは大分変りました。

    高松駅3
    駅にはこんなにこやかな鬼もいます。

    高松市立美術館2 高松市立美術館3
    高松駅から徒歩15分くらいで高松市立美術館へ到着です。

    会場は「うる星やつら」「めぞん一刻」「らんま2/1」等それぞれブロックに分かれてます。

    玄関 管理人室
    「めぞん一刻」は一刻館の玄関や管理人室を再現した物があります。こういうのってありきたりだと思ってたんですが、実際に玄関をくぐった時、なんか一瞬一刻館の住人になったような錯覚が、、。管理人室を見た時、あ~このテレビで大みそかに五代と響子さんが2人で紅白歌合戦見たんだとか、、。結構リアルにマンガの世界を実感できて意外にうれしかったです。

    めぞん一刻の原画とか色彩や線など本当にソフトで綺麗でした。ぼくには絶対にこんな絵や色塗りはできねえと当たり前のことをつくづく感じました。正直この中の1枚や2枚持って帰りたい気分でしたね。

    興味深かったのがそれぞれのマンガ家が描いたラムちゃん。それぞれのプロの視点で描かれた個性的なラムちゃんがいっぱいいて面白かったです。

    最終日が近づいていたんですけど客数は少なかったです。でも最終の土日はきっとすごい人になるんだろうな。グッズはさすがに買いませんでした。高いしね。

    2009/10/30

    高橋留美子展チケット 高松市美術館

    *館内はもちろん撮影禁止です。
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL