モンガーの小屋

    日想、ラーメン・グルメ・レシピ紹介、映画・音楽・読書感想、PC・家電・ゲーム、DIY情報をつれづれなるままに。

    タイの黄シャツと赤シャツって何?

    タイの騒乱、まだまだ続きそうなので今までの経緯をまとめた番組を見て自分なりにまとめてみた。

    Q.黄シャツと赤シャツって何?

    <黄色シャツ>
    現政権を支持し、タクシンと敵対している派です。そして国王擁護を全面に打ち出しています。
    タイでは曜日に色があり、国王が生まれた曜日の色が黄色ということで黄シャツを着ています。

    タイ曜日色

    <赤色シャツ>
    それに対抗してタクシン派(UDD:反独裁民主戦線)は国旗にも使われていて国家や国民を意味する赤をシンボルにして赤いシャツを着ました。

    タイ国旗


    Q.タクシンって誰?

    通信事業で財をなしたタイの元首相です。
    タイではエリート層の都市部と貧困層の農村部で貧富の格差が大きいです。
    そこで今まで政治からほとんど顧みられなかった東北や北の貧しい農民に優遇政策をしました。

    Q.いいことしたんでは?

    やり方は金のばらまきに近かったようです。農村部の受けはいいですが、都市部からすればそんな偏った使い方よりもっと国全体を考えてお金を使うべきだと不満があがります。
    そして地位を利用しての首相の脱税や親族などの不正蓄財が問題になりました。

    Q.タクシンはどうなった?

    議会を解散、総選挙を行いました。
    バラマキ政策で農民に支持されていたタクシン派が元々優勢だった上に、反タクシン派は選挙をボイコットしたため、タクシンが圧勝します。

    国内は混乱、タクシンが国連に出席している間に軍部がクーデターを起こし、暫定政権を樹立後、また選挙を実施しました。

    Q.選挙結果は?

    またしてもタクシン派が圧勝
    困った軍部は憲法裁判所に働きかけ、タクシン派の不正を追及し首相を失脚させます。
    そして反タクシン派のアピシット首相が誕生します。


    Q.タクシン派は反国王なの?

    違います。国王は絶大な人気があるので反国王という思想が支持されるとは思われないですし、そもそも国王不敬罪という法律が存在します。

    タイでは国が混乱するたびに国王の一言で収まってきた経緯があります。
    そしてタクシンは「憲法を超越した権力を持った人物が政治に混乱を引き起こしている」と発言しました。
    反タクシン派はこの国王批判ともとれる発言を利用し、国王を批判するタクシンはけしからん、自分たちは(国民から絶大な人気がある)国王を支持するぞ、ということをアピールしているだけです。

    Q.タイはどうなるの?

    高齢の国王の健康状態もおもわしくなく騒乱は続きそうです。
    今までタイは支配層とその他の各階層の格差を受け入れてきました。しかしタクシン時代に権利というものを理解し政治に目覚めた貧困層の動きは止まりません。政財界、国軍、官僚などタイを牛耳ってきた旧来からの支配層にはそれが脅威と映ります。両者はこれからも対立しそうです。
    しかしながら、デモには日当をもらう目的のために参加している農民達も多いと言われています。自らの既得権益を守る集団VS自らの利益を追求する集団の争いに国民全体は冷めているようで大きなうねりにはなっていません。
    今まで国王に頼り切っていた印象があるタイの民主主義。混乱を収束する術を自ら見つけ出すのには相当な時間がかかりそうです。


    参考
    池上彰の学べるニュース テレビ朝日 2010/04/28
    ワールドビュー 読売新聞 国際面 2010/05/02





    関連記事
    スポンサーサイト
    タイの政争について
    タイ在住者として、今回のテーマはツッコミを入れるのにふさわしいですね。
    では、少しお付き合いを。


    Q.タクシンって誰?

    もともとは警察中佐でもあります。
    そして、首相時代前後にはタイ・ナンバー1の所得を持つようになっています。
    北部への優遇は、彼がチェンマイの出身者だから。
    田中角栄の新潟びいきみたいなもんです。
    東北部への優遇は、票田として大きかったからです。
    このせいで、反対にイスラム教の多い南部の反発を招くようになりました。
    いまだに南部テロの犠牲者はけっこうな数で出ています。


    Q.いいことしたんでは?

    実際、票を金で買っていたそうです。
    タクシン~地元有力者~民衆という流れで、いま赤シャツを資金支援しているのもこの地元有力者です。
    それから、最も問題なのは独裁政治に近いものを目指したことです。
    上記の南部にはテロ対策ということで軍を大量に制圧に向かわせ、罪のない村人を含んだ大量逮捕で護送車に詰め込み、80人以上を窒息死させたり、後ろ手にくくった村人たちを小さな広場に押し込めようとしてあふれた人々が反対側の川に落ちて溺死したりしました。
    それから、麻薬対策で警察に自由な発砲許可を与えたのですが、一方で報奨金制度も設けたので、何の罪もない北部国境付近の村人を殺して、死人に口なしで一人頭いくらという金を払うことを黙認してきました。
    国連がこれに非難の声を上げると、「国連は私の父親ではない」と猛反発。
    これには国王も見かねていさめました。
    さすがの国王なのでタクシンも何も言えませんでしたが、その後、国王の言いつけは何も守られないまま。
    そういうことで、私は、タクシンは民主主義の名を借りて国王と距離を置いていると思います。


    Q.選挙結果は?

    その後のタクシン派首相ですが、
    サマック首相:料理番組のコメンテーターとして番組出演していましたが、これが首相職の兼業不可の条項に抵触してアウトというお粗末な失脚。
    ソムチャイ首相:タクシンの義弟ということで、黄シャツ派(PAD)がデモを繰り広げ、空港閉鎖にまで発展して失脚。
    という展開でした。
    ちなみに、黄シャツ派のリーダーの一人、チャムロンはパランタム党というかつてあった政党の党首で、タクシンはその党の議員でした。
    チャムロンが党を解散したとき、その党員をかき集める(あるいは譲り受ける)形でできたのがタイ愛国党(タクシンを党首とする、彼の首相時代の与党)でした。


    Q.タクシン派は反国王なの?

    タクシンの言う「憲法を超越した権力を持った人物が政治に混乱を引き起こしている」という発言はプレム枢密院議長を指していると考えられています。
    つまり、国王に最も近い側近ということです。
    プレムはかつて国防大臣や首相を務めた人物で、国王からの信頼が非常にあつい人物です。
    また、タイでは国軍の統帥権の頂点には国王がいる形になっていますので、警察出身のタクシンとのにらみ合いになっているという側面があります(ただし、国軍に関してはタクシン首相時代に恩恵にあずかった人物も多く、タクシン協力派も存在します)。
    つまり、タクシンは直接反国王の立場には立っていませんが、王室制度からくる機構には反対の立場をとっていると考えられています。
    [ 2010/05/12 14:45 ] [ 編集 ]
    タイの混乱
    お~、非常に分かりやすくて丁寧な補足ありがとうございます。

    タクシンって警察出身だったんですね。国軍との微妙な対立構造というのが目に浮かびます。
    東北部優遇により南部イスラム教徒との対立が深まったというのもなるほど。
    このままだと大多数である仏教徒の中での対立(北部VS中心都市部)に南部イスラム教徒という三つ巴への対立が確立してしまいそうで危険ですね。

    黄色シャツ派とタクシンとの歴史的なつながりというのも驚きでした。

    国王は名君と慕われ、タクシンは民主主義の選挙で選ばれ、クーデターも平和な感じで収束。なのにこの大混乱。民主主義が根付いていながら真の民主主義確立の道程が見えてこない。この迷走の決着はほんと予測不可能です。劇的な変革(その分、今よりはかりしれない犠牲が生まれる)が起きないのも、いい意味も含めてタイらしいといえばそうですが。
    [ 2010/05/12 20:01 ] [ 編集 ]
    1992年政変
    タクシンは警察時代に不動産に手を出したり、警察署内にパソコンをレンタルする商売をしたりして、約2億バーツの負債を抱えたところから出発しています。
    日本では有名人でもない限りもはや再起不可能と思われるのですが、ここからどうやってタイ随一の成金になれたのですかね。

    南部問題に関しては、現与党である民主党の前党首チュアン(タクシンの1代前の首相)の出身が南部だったんですね。
    それが南部の安定に一役かっていたんじゃないかと思います。

    前回紹介したチャムロンは、1992年政変のときに市民団体側に立ちあがった元バンコク都知事。
    清廉だが過激な元軍人政治家です。
    この1992年政変というのは、けっこうその成り行きが2006年クーデターの流れと似ています。

    経済的には向上したものの汚職のひどかったチャートチャイ(チャチャイ)首相に反旗を翻す形で軍部クーデターが発生(本当は国軍を軽く扱う姿勢が不満を招いた模様)。
    暫定首相として民間財界人のアナンが指名されたのち、総選挙でナロンが首相に選ばれた。
    しかし、ナロンの麻薬ビジネス関連容疑でアメリカが強い反発を見せ、その後人選に困った軍部は、総理戦には絶対に関与しないとの公約を裏切って、国軍最高司令官のスチンダーが首相になってしまう。
    これに真っ向から対立した市民団体のリーダーとなっていったのがチャムロンです。

    そののちにはアナンが再び首相に指名されました。
    アナン政権は、それまでの首相制の中で最も安定した理想的なものといわれていますが、直接選挙で選ばれた人材でないのがみそだと思います。

    本当の意味では、タイに民主主義が根づいていないと、私は思います。
    結局最終的な局面では、生き神である国王が物事をよい方向に導いてくれるということで、国民が安心してしまっているのでしょう。
    だから、悪い側面でいえば、金を受け取ったり、一時的な個人の利益だけに流されたりしてしまっても、最後は王様がなんとかしてくれる、という意識があるんじゃないかと思います。

    タイ人の多くは王室そのものよりも、現国王を崇拝しています。
    国王が交代するとき、この国の民主主義が必ずいまよりも高度なレベルで試されることになるでしょう。
    私もこの混迷の先行きはちっともわかりませんが、いまの状態では、直接選挙で選ばれた政治家では解決をすることはできないだろうと踏んでいます。
    [ 2010/05/13 15:24 ] [ 編集 ]
    選挙とクーデター
    タクシンって元々、資産家かと思ってたら成金だったのですね。一代で事業大失敗してから短期間で復活とは。まともなことしてるわけねえと誰もが思えます。

    いろんな機関が腐敗してる現在、今の状況に保ててるのが実は奇跡なのかな。

    選挙よりクーデターでかろうじて国政を修正してる状況。民意って結局何なんだろうと考えさせられます。
    [ 2010/05/13 19:05 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL