モンガーの小屋

日想、ラーメン・グルメ・レシピ紹介、映画・音楽・読書感想、PC・家電・ゲーム、DIY情報をつれづれなるままに。

家庭菜園2011

ほぼ毎年恒例の家庭菜園。

いままでに、
トマト、ミニトマト、ちしゃ系、チンゲン菜、きゅうり、なす、とうもろこし、パセリ、青シソ、枝豆、かぼちゃ、スイカ、ししとう、ゴーヤ、ピーマン、メロン、いちご、などなど
と試してきましたが。

結局、成功したと言えるのはミニトマトチシャ系ぐらい(笑)。


トマトベリー とうもろこし
ということで、今年は種類をしぼって栽培。

まずは、ハート型の実で話題の新種「トマトベリーガーデン」298円。
ミニトマトはものすごく実が出来ます。たくさん食べるのならおいしいのがいい。
値段が高めでも甘めの品種をチョイス。

さすがに1種類だけじゃつまらないので「とうもろこし」58円も購入。
トウモロコシって摘んだ直後が一番おいしいらしく、それを味わうには家庭菜園しかない。栽培の難易度は高いんですがダメ元でチョイス。


にがうり-ゴーヤ
夏の西日を遮るカーテンの役目を果たしてもうらうべく、にがうり(ゴーヤ)138円×2を購入。
今年はゴーヤチャンプルー食うぞ。
そしてどうですか、この芸術的なひも(誘引線)の配置。正直かなり失敗感ありありですが。
ここまでして、全然育たなかったらどうしよう。

ちなみに、つる性植物栽培で必須なのが支柱。
ゴーヤクラスになると長さが150センチ~は欲しい。でも細長い棒って使わない時、置き場所に困る。
そこで考えたのが1メートルぐらいの支柱を結線バンドで(2か所)つなげる手法。これだとバラした時、180センチの支柱1本より管理も楽です。
使わなくなった釣竿を導入してもいいですね(見栄えは良くないですけど)。
さらに台風などで倒れないようにテント用ペグ(杭)を地面に打ち、支柱を針金でくくりつけます。
すべて100円ショップで揃えられて安上がり。


さくらんぼ-高砂
果樹木の「サクランボ 高砂」798円も買いました。
さくらんぼって2本ないと実がつかないそうでして。しかも品種が違う物でないとダメ。
人間に例えると、結婚は外国人としか認めない!みたいな(笑)。
一本だけでも実がつく両刀使いのような「暖地さくらんぼ」というのもありますが、あまりおいしくないようです。

ポピュラーなサクランボの品種は「高砂、ナポレオン、佐藤錦」。相性もいいようです。
しかし、それぞれ花が咲く時期(6月頃)が1週間ほど微妙に違います。咲く順番は「高砂→ナポレオン→佐藤錦」。うまいこと咲くタイミングが合わないと受粉できず実が出来ません。

もう1本買わないといけないのですが、5月になるとホームセンターでもほとんど売ってないんですよね(4月頃が買い時)。買えなければ、また秋ごろにでも購入すればいいかな。


皇帝ダリア
最後に、「皇帝ダリア」。
1年で3~5メートルくらい伸びて花を咲かせます。
現時点でこんなに小さいのに、そんな凄いことになるのでしょうか。


さあ、今年の家庭菜園はこんな感じです。
あとは成長を見守るのみです(世話はしないのかい!)。


関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/05/05 19:29 ] 日想 | TrackBack(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL