モンガーの小屋

    日想、ラーメン・グルメ・レシピ紹介、映画・音楽・読書感想、PC・家電・ゲーム、DIY情報をつれづれなるままに。

    FBIになってみる

    FBIになってみる

    02_s.jpeg

    アメリカ映画、ドラマなどでよく出るFBI(エフビーアイ、連邦捜査局)。
    これって日本語吹替版だと「FBI(エフビーアイ)」と言ってるんだけど、原語ではたまに「Federal Bureau of Investigation(フェデラル・ビューロー・オブ・インベスティゲイション)」と略さずに言ってる場合があるんですよね。

    Federal(連邦)
    Bureau(局)
    of(の)
    Investigation(捜査)

    意味は上記のような感じなんだけど、これを緊迫した場面で略さずに言うのはなかなか難しいですよ。

    例えば、某有名捜査官の仲間になったとしたら

    モルダー : 「スカリー、彼が新任のモンガー捜査官だ」
    私 : 「日本から宇宙人の存在を明らかにするために派遣されたモンガーと申します。どうぞよろぷく」
    スカリー : 「、、、、。早速突入するわよ。マンガー、先頭になって」
    私 : 「えっ、いきなりですか。ちなみにモンガーなんですけど、、。」
    モルダー : 「時間がないんだ、真実の証拠が消されてしまう。突入の際はきちんとぼくたちの身分を略さずに名乗るだぞ」
    私 : 「分りました。では、3,2,1」

    ドアを蹴破る

    私 : 「フェべっ!*◎×+」
    証拠隠滅犯人 : 「誰だ!お前は」
    私 : 「だから、フェべっ!*◎×+」
    証拠隠滅犯人のボス : 「何だかよく分らんが、とにかく撃て!」

    激しい銃撃戦

    FBI長官(無線) : 「スカリー!どうなった、状況を報告しろ!」
    スカリー : 「犯人には逃げられました。一名ケガ人が出ました」
    FBI長官(無線) : 「大丈夫か、モルダー!」
    モルダー : 「私は大丈夫ですが、モンガーが舌に軽症を負いました」

    きっとこんな感じ。

    関連記事
    スポンサーサイト
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL