モンガーの小屋

日想、ラーメン・グルメ・レシピ紹介、映画・音楽・読書感想、PC・家電・ゲーム、DIY情報をつれづれなるままに。

ケネディー家の人びと 第3回

ケネディ家の人びと

ケネディー家の歴史
第3回 「ピッグス湾事件」
までの展開分


【43歳の若き大統領誕生】
ついにジョンが大統領になる。
就任演説時の、

「国があなたのために何が出来るか?ではなく、あなたが国のために何が出来るか?を問うべきです」
「Ask not what your country can do for you -- Ask what you can do for your country.」

はあまりにも有名。
これ、日本の首相が言ったらどうなるんでしょうね。袋叩きにされそうです(笑)。
この演説のセリフは、アメリカ人の基本的な価値観(政府を頼らず、信用せず、自分のことは自分で守る)を端的に表している代表的な例だと思います。

ケネディー家の人びと3-1


【最初の危機】
ピッグス湾事件。
当時は、熱くて冷たい東西冷戦まっただなか。
ソ連(共産主義)の影響下にあったキューバは、アメリカにとって身近な危機をふりまく存在だった。
CIAは亡命してきたキューバ人の反カストロ勢力を秘密裏に支援し、カストロ打倒の作戦を立てる。
ケネディー大統領はこの作戦にGOサインを出したが、作戦は見事に失敗。
この件で、ケネディーはCIAに不信感を抱くようになった。

ケネディー家の人びと3-2


【司法長官とFBI長官の対立】
ジョンは大統領選をささえてくれた弟のロバートを司法長官に任命するが、FBIの重鎮フーバー長官は新米の若造が自分の上司になることに反発。
自らのやり方を通そうとするロバート司法長官に、フーバーFBI長官はジョンの女性問題などの情報を盾に反抗し、両者は対立する。

ケネディー家の人びと3-3 ケネディー家の人びと3-4


これらCIA・FBIとケネディー政権との溝は、後に大統領暗殺に両者が関与したと噂される根拠の一つとなった。


つづく



ケネディー大統領就任演説



ケネディー家の人びと第3回
ケネディー家の人びと第1回~第2回

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL