モンガーの小屋

日想、ラーメン・グルメ・レシピ紹介、映画・音楽・読書感想、PC・家電・ゲーム、DIY情報をつれづれなるままに。

U-22 サッカーロンドン五輪-アジア最終予選 日本の試合日程と結果-最終予選の仕組み

U-22 男子サッカーロンドン五輪-アジア最終予選
日本の試合日程(スケジュール)と結果
最終予選の仕組み



次世代の選手育成大会みたいでオマケ的認識だった男子オリンピックサッカー。
なでしこの影響で注目度が上がってきたように感じます。
元々、オリンピックサッカーは男子と女子で大会としての位置づけ(重み)は微妙に違いますが。
*男子は年齢制限アリのU22。女子は年齢制限ナシのフル・A代表。


★ロンドンオリンピック最終予選-日本の試合日程と結果(動画)★


2011年 9月21日(水) 20:00 (ホーム・鳥栖スタジアム)
日本 2 - 0 マレーシア
日本の華麗なる連携プレーが見れた。



2011年11月22日(火) 23:30
バーレーン 0 - 2 日本
レッドカード受けたバーレーンの踏みつけ行為はひどかった。


2011年11月27日(日) 19:20 (ホーム・国立)
日本 2 - 1 シリア
実力伯仲ですが日本がややリードの展開。熱くていい試合だった。
シリアあなどり難し。アウェー戦が楽しみ。


2012年2月5日(日) (アウェー)
シリア 2 - 1 日本
日本、まさかの後半45分で失点。首位陥落。
果たして今後どうなるのか。


2012年2月22日(水) (アウェー)
マレーシア 0 - 4 日本
現地の蒸し暑さの中、チーム一丸となった日本の熱きプレーが見られたが、パスミス、トラップミス、連携ミスなど雑な面も目立った。
4対0という結果が得られたのは最終的に実力差が出たということでしょう。
マレーシアは後半になっても攻撃に切り返してからのスピードが速かった。さすがホーム戦、がんばってました。
ちなみに、日本のGK権田がサバンナの高橋に見えてしょうがない。そしてマレーシアのGKがペナルティのワッキーに見えてしょうがない(笑)。

その後、行われたシリア対バーレーン戦で、シリアが1-2で敗れる。
日本が再びグループCの首位に返り咲き。
日本は次戦で負けても大敗しなければ五輪出場決定!という状況に。


2012年3月14日(水) (ホーム)
日本 2 - 0 バーレーン
日本の五輪五大会連続出場決定!
シリアに勝って勢いにのってた前半のバーレーン、日本に先制点取られてからややモチベーション下がった感じでした。



★アジア最終予選の仕組み★

<これでロンドンオリンピック本出場が決まる>
最終予選は2次予選を勝ち上がった12チームを4チームずつの3グループ(A・B・C)に分け、ホーム&アウエーの総当たり戦を行う(日本はグループC)。
そして各組1位が本大会出場権を獲得(計3カ国)。

グループA : 韓国・カタール・サウジアラビア・オマーン
グループB : オーストラリア・イラク・ウズベキスタン・UAE
グループC : 日本・シリア・バーレーン・マレーシア

<2位でも可能性は残されている>
最終予選の各組2位はアジア地区プレーオフに進出。

<大陸間へ向けて、アジア地区プレーオフ>
最終予選の各組2位(3チーム)がセントラル方式の総当たり戦を行う。
1位が大陸間プレーオフに進出。

<ロンドンへ向けて、大陸間プレーオフ>
アジア地区プレーオフ1位とアフリカ予選4位が対戦。勝者が本大会出場権を獲得。



<関連記事>
サッカー関連記事リンク一覧


関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/11/17 22:40 ] 日想 | TrackBack(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL