モンガーの小屋

日想、ラーメン・グルメ・レシピ紹介、映画・音楽・読書感想、PC・家電・ゲーム、DIY情報をつれづれなるままに。

英ドラマ「SHERLOCK」が面白いので原作を読んでみた

イギリスBBCドラマ「SHERLOCK - シャーロック」が非常に面白いので
初めてシャーロックホームズの原作を読んでみた


SHERLOCK1

ミステリー小説とはあまり縁のない読書生活を送ってきた私。
でも、興味はあったんです。
熱烈なファンがいるこの世界に多少は触れておきたい。そんな気持ちはあったんです。

ミステリーの代表格である「シャーロック・ホームズ」。
アニメやドラマに映画。いく度も映像化され、時には犬になったりと、その都度話題を呼んだ「シャーロック・ホームズ」。
登場人物は、ホームズにワトソン、そしてモリアーティー教授。

いや、もちろん彼らのことは知ってますけど、結局それはアレンジされた世界での話。
オリジナルは知らない。多くの人に影響を与えたその原石を私はよく知らない

SHERLOCK2

今回、何気なく見た英ドラマ「SHERLOCK - シャーロック」
ホームズが現代の世界に居たらという設定。
ありがちです。奇抜なアイデアが跋扈する今のエンターテイメントでは特段画期的でもない。
でも、面白いんです。さすがイギリス。おいしい料理は大して無いクセに娯楽を生み出すのは得意です。
ホームズの「嫌な感じ丸出しだけど憎みきれない」、あのぎりぎりの人格設定も、皮肉大国イギリスっぽくて良いです。
アメリカのファストフード的娯楽作品とはひと味違うものが創りだされてます。

挿絵 シドニーパジェット

そして読みたくなった、原作の小説
でも、外国語の翻訳本って、読みにくい。特にミステリー、特に昔の作品は。
登場人物の名前やら、物の名前、知らない外国の習慣やら、外国語特有の言い回し。
それを、一昔前の日本語で表現してるのだから、なおさら把握するのが難しい。

そこで、新訳登場
新訳は読みやすくて好きです。特に初心者、入門者には最適です。
原作そのものの雰囲気を感じにくいという意見もありますが、
とにかくストーリーを把握し、作品を楽しむにはやっぱり新訳。

ホームズ全集03

読んでみました、新訳版。
結構面白いです。ドラマが気に入った人には特におすすめです。
その「新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)」の紹介。


★新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)
 アーサー・コナン・ドイル 日暮雅通訳


●全集発売順(全9作品)
1.シャーロック・ホームズの冒険 (3)
2.シャーロック・ホームズの回想 (4)
3.緋色の研究 (1)
4.シャーロック・ホームズの生還 (6)
5.四つの署名 (2)
6.シャーロック・ホームズ最後の挨拶 (8)
7.バスカヴィル家の犬 (5)
8.シャーロック・ホームズの事件簿 (9)
9.恐怖の谷 (7)
  ()内は原作での発売順番

この全集の発売順は、実は原作の発売順ではないんです。
最初、何でだろう?と疑問に思ったんですが、読んでいくうちにその理由が分かりました。

初期作品を原作発売順でみれば、
長編2作品の「緋色の研究」「四つの署名」から、
短編集の「シャーロック・ホームズの冒険」「シャーロック・ホームズの回想」という順。

それを全集発売順では
短編集の「シャーロック・ホームズの冒険」「シャーロック・ホームズの回想」を最初にもってきている。

これ、単に短編集の方が面白いからでしょう。
ホームズ作品ではこの初期短編集2作品の評価が高いですし、ホームズ人気が爆発したのもこの短編からですので。
初期長編2作品も面白いんですけど、以降続くホームズ作品とはちょっと趣きが違うんです。
だから、入門者が最初に初期長編を手にとって、「ホームズ作品はこんな感じなのか」と思われてしまうのを防ぐためと考えられます。

SherlockHolmes01

全集発売順で読むか、原作発売順で読むか。
手っとり早く触れたい人は全集発売順、じっくり触れていきたい人は原作発売順かな。
まあ特にこだわらなくても十分楽しめるような気もしますが。


★英国BBCドラマ「SHERLOCK」。NHKで2013年新春、再放送決定!
●「SHERLOCK 2」(全3作)
BSプレミアム 2013年 1月1日(火)~3日(木)午後11時00分~翌午前0時30分
●「SHERLOCK」(全3作)
総合 2013年1月16日(水)、23日(水)、30日(水)午前0時25分~1時55分 ※火曜深夜



<関連記事>
英ドラマ「SHERLOCK」が面白いので原作を読んでみた (このページです)
新訳シャーロック・ホームズ全集 解説と感想レビュー
シャーロックホームズ 原作の理解度を深めるために



   




関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL