モンガーの小屋

    日想、ラーメン・グルメ・レシピ紹介、映画・音楽・読書感想、PC・家電・ゲーム、DIY情報をつれづれなるままに。

    2月に合う曲「冬の散歩道」バングルス その3~和訳解説編

    2月に合う曲 「冬の散歩道」バングルスの紹介。
    その3 和訳解説編


    Bangles_S&G_HazyShadeOfWinter


    ★「サイモン&ガーファンクル」版の和訳に際して解説というか感想というか★

    全体的な詩の内容は、友人どうしの会話なのだと気づけば意味が通りやすくなります。
    でも、そのセリフがどちらの言葉なのかということで悩みました。

    But look around, leaves are brown
    And the sky is a hazy shade of winter
    メインフレーズです。最初に出てくる時の意味は「君だけじゃないよ」という励ましの意味が込められていると思いますが、2度目に出てくる時は「季節はどんどん移ろいでいくのだからボヤボヤしちゃいられないよ」というやや叱咤激励のニュアンスを感じたので訳にも反映させました。

    Won't you stop and remember me
    At any convenient time
    「将来、幸せになった時、こんなアドバイスをしてくれた俺のやさしさに感謝しろよ」
    「困った時、このぼくのアドバイスをきっと思い出してくれ」
    のどちらなのか、「any convenient time」の意味が最終的に判断できかねたのでどちらともとれる無難な訳にとどめました。

    manuscripts Of unpublished rhyme
    「未刊の韻を踏んだ原稿」というのは、おそらく人生をさしてるかなと。

    Of unpublished rhyme
    Drinking my vodka and lime
    「rhyme=韻をふむ」と「lime=(果実の)ライム」とで韻を踏んでます。韻をふむという単語で韻をふますというのは手の込んだ言葉遊びです。
    「ウォッカを飲みながら、、」というのは酔ってフラフラしてる状態を、生き方が定まっていないという状況を表してるのかなと。
    この周辺の歌詞は意味を探るのが難しかったです。かなり自己流の解釈をしました。


    ★留意点
    詩の世界は抽象的なものであり、受け取る側でさまざまな解釈が成り立ちます。
    私の稚拙な訳の中には、単純な間違いもあるだろうし、あえて通常と違う訳し方、独自の解釈での意訳、も含まれます。




    ★おまけ

    冬の散歩道 by モダン焼きミックス Live 1994
    Vo:Gaya G:モンガー B:Zaki Ds:Kame
    練習もほとんど出来ないままの本番ライブでした、と言い訳をしておきます。



    <関連記事>
    「冬の散歩道」バングルス その1 ~曲紹介~
    「冬の散歩道」バングルス その2 ~和訳編~
    「冬の散歩道」バングルス その3 ~訳解説~ (このページです)


     


    関連記事
    スポンサーサイト
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL