モンガーの小屋

    日想、ラーメン・グルメ・レシピ紹介、映画・音楽・読書感想、PC・家電・ゲーム、DIY情報をつれづれなるままに。

    レッツ2のウインカー交換

    原付バイクレッツ2(Let's 2 CA1PA)
     ウインカーランプ交換


    ウインカーランプ」。
    ターンシグナルランプ、ターンランプ、方向指示器という言い方もあります。正式にはターンランプになるのかな。

    ウインカー球サイズ

    交換作業は楽ですが、問題はランプの規格。
    レッツ2 CA1PA」のウインカーランプの規格は「12V 8W」ですが、現在主流の原付規格は「12V 10W」と「12V 6W」のようです。
    主流から外れると言うことは、、そうです、見つけるのが難しい。ホームセンターを5、6件ハシゴしましたが、「12V 8W」は見当たりませんでした。

    別に、6Wでも10Wでもランプの形状があってれば使えるんですが、
    規格より高いワット数の場合・・・暗くなる。点滅が遅くなる。
    規格より低いワット数の場合・・・明るくなる。点滅が早くなる。
    という変な状態になり、寿命も減るでしょう。
    やっぱり規格通りが良い。

    ネットでがんばって探してみて、やっと見つけました。
    12V 8W レッツ2ウインカーランプサイズ
    M&Hマツシマ AWB17 12V8W (CL) B・P AWB17
    2個セットの方が1個よりもややお得。

    ウインカーランプの形状はちょっと特殊で、ウェッジ・シングル球と呼ばれるもの。
    口金が平べったく、取付けは回す必要がなく差し込むだけですみます。
    他メーカーからも出てますが、購入する際は現在取り付けられているランプでサイズは確認しときましょう。

    球の色はクリアでいいです。ウインカーは黄色なんですが、あれはカバーの色であって球の色ではないので。

    <原付レッツ2 CA1PAのリア側ウインカーランプ交換方法>
    原付テールランプカバー
    2か所のビスを外し、テールランプカバーを取ります。

    原付ウインカーカバー
    ウインカーカバーは溝にハメ込んであるだけなので手で外せます。

    レッツ2のウインカー球
    ウエッジ球も手でひっこぬけばOK。ちょっと固い時もありますがあせらずゆっくりと引っ張ります。

    レッツ2のウインカー球差し込み口
    あとはこれに新しい球を差し込んでやればOK。
    無事完了、、、と言いたいところですが、この後カバーを元に戻すのにちょっと手間取るかも。
    ウインカーカバーとテールランプカバーの溝をきちんとハメ込んだ状態でビスを取り付ける際、微妙にズレるんですよね。まあ、落ち着いてやれば大丈夫でしょう。

    ちなみに、ウインカーランプは左右は独立してますが、前後では連動しています。
    例えば、右後ろ(リア側)のウインカーランプが切れると、右前(フロント側)のウインカーランプもつかなくなるのです。こういう場合、間違って右前(フロント側)のランプを交換しても結局つかないので、あれれ?ということになる可能性もあるので、ご参考まで。


    <参考サイト>
    M&Hマツシマ公式HP - ウェッジ球リスト

    <モンガーの小屋 関連ブログ記事>
    原付バイクスクーターレッツ2(Let's 2 CA1PA) 関連記事 リンク一覧目次





    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2014/06/20 19:00 ] DIY | TrackBack(0) | コメント(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL