モンガーの小屋

日想、ラーメン・グルメ・レシピ紹介、映画・音楽・読書感想、PC・家電・ゲーム、DIY情報をつれづれなるままに。

TV外付けスピーカーにPC用USBスピーカーを代用する

TV外付けスピーカーにPC用USBスピーカーを代用する
~ TV外付けスピーカーの基礎知識と
ELECOM USBスピーカー MS-P03UBKの接続注意点 ~



SONYブラビアとELECOMUSBスピーカーMS-P03UBK
液晶薄型テレビ、ソニーのブラビア。
別にソニーに限ったことではなく薄型テレビの音は、ショボくはなくても明瞭さに欠けセリフが聞き取りずらい。
これは特に親など年配の人にとっては問題であり、よく聴こえないないので音量を大きくしがち、というか大音量になってしまう時すらある。

音にこだわりがあるわけではなく、単純にセリフを聴きやすくするためなら、サウンドバーなどにする必要はないけれど、普通の外付けスピーカーを選ぶ際には考えておかなければならない点がいくつかある。


<TV外付けスピーカー基礎知識>

★アンプ内蔵であること。
テレビのイヤフォンジャックは出力が弱い。これに通常のスピーカーを接続しても小さい音しか出ない。

★アンプ内蔵型は別に電源が必要になる。
アンプ内蔵型スピーカーはACアダプターをつなぐコンセントが必要になる。それは別に大したことではないが、つなぐ位置によってスピーカーを配置できる場所が限られる。でも、これも延長コードを使えば別に大したことではない、、が。

★スピーカーの電源をいちいち入れなければならない。
スピーカーの配置をテレビの近くにするならば、リモコンでテレビをつけた際、わざわざテレビの方にスピーカーの電源を入れにいかなければならない。テレビを消す時も同じ。
寝室などの場合は枕元にスピーカーを配置すればこの辺は解消される(テレビから枕元までの音声延長コードは別途必要)。でも面倒だと思う。消し忘れも多発しそう。

★スピーカー用のリモコン付き機種もある。
スピーカー用のリモコン付き機種も発売されているが、TVリモコンでTVつけて、スピーカーリモコンでスピーカーの電源入れる二度手間の作業は年寄りは嫌がるだろう。リモコン失くしそうだし。
学習リモコンで一括処理もできそうだが、学習リモコンは結構高いし、年寄りが扱い易い代物だとは思えない。

★オートスタンバイ機能付き機種がある。
入力信号で自動的にオン・オフする「オートスタンバイ」機能が付いてる機種は、前述の二度手間が解消されてる優れもの。ただ発売してるのはヤマハくらい。そしてちょっと高い。



★Q.
では安価で、そこそこなTV用外付けスピーカーはどれがいいのか。


★A.
PC用USBスピーカーで代用すればよい。


ELECOM Bevel shaped USBスピーカー 2W 2ch ブラック MS-P03UBK
ELECOM Bevel shaped USBスピーカー 2W 2ch ブラック MS-P03UBK

最近の薄型テレビは、大体USB端子が付いている(激安物除く)。これは大抵が外付けハードディスクに録画するための機能として付いている。
USB端子からは電源が供給されるので、つなげればアンプ内蔵SPにも電源が供給される。そしてテレビ電源と連動してるので自動でON/OFFもしてくれる。

さすがにPCと違い音声まで出力はされないので、音声コードはイヤフォンジャックにつなげる必要がある。よってSPを購入する際の注意点としては、USBコードと音声コードがわかれているものを選ばなければいけない。

ただし、テレビによっては電源を切ってもUSBに電源が供給されつづけられる場合もあり、SPが自動でOFFにならないこともある。その場合はテレビの「クイックスタート(電源ボタンを押すとすぐに起動する)」の設定を解除すれば解消されることが多い(クイックスタートは微力な電気をテレビに流していて完全にOFFになってない状態にしておく事で、ONにした時の起動を早くするスタンバイ機能のようなもの。あまりエコではない)。

どちらにしろ、テレビの電源を切ってから外付けSPの電源がOFFになるまでに約5分くらいかかる。これは外付けハードディスクがいきなり電源を落とされると故障の原因となるからであり、余裕を持って終了させるためだと思われる。

それでは、快適なTVライフを!
*これはソニーのブラビア「KDL-22EX300」「KDL-32CX400」と「ELECOM USBスピーカー MS-P03UBK」で個人的に検証した結果です。全てのテレビでうまくいくとは限りませんのであしからず。


   


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL