モンガーの小屋

    日想、ラーメン・グルメ・レシピ紹介、映画・音楽・読書感想、PC・家電・ゲーム、DIY情報をつれづれなるままに。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    初詣 - 神社の違い

    神社の違い - 神社の種類は?

    池上彰のそうだったのか2時間SP神社の種類

    テレビでたまに見る日本人に対するインタビューの光景。
    「あなたは宗教を信じますか?」「神を信じますか?」

    それに対する回答。
    「無宗教です」「神は信じてないです」

    でも、
    七五三は神社。結婚式は教会。葬式はお寺。
    お盆はお墓参り。正月は初詣。

    それを見ていつも思ってました。
    こんだけ当たり前の行事のごとく、人生の節目で関わりあってるのにそんな答えはないだろって。
    信じていないのものに対してお願いをするって。
    信じていないものにお祈りをするって。
    信じてもいないものの前で何の誓いをたてる!
    自分は「無宗教」「無神論者」と言い切る人って何だかバカっぽいな。

    でもこれこそが八百万(やおよろず)の神々を信仰する日本人なんだなと。
    仏教も神道(しんとう)もキリスト教もごっちゃまぜの節操のなさは、寛容性の表れともとれる。
    特段に意識することなく、自然にお墓参りや初詣に行けるのは、宗教が生活の一部に自然にしみ込んでいるから。
    多くの外国人は、地域差はあるにしても、神を信じないという人間に対して抱く印象は「神をも恐れぬ不届き者」。
    それは神を信じないといういうのが信じられないのではなくて、神をも恐れない人間など何をするか分からないという恐怖心からくるもの。だから必死に宗教を説き、教会などに集おうとする。
    そんな外国からすると、この日本の自然な宗教観はある意味、理想的なのかもしれない。

    そして、日本人の宗教に対する無感覚は教育のせいもあると思う。
    学校では偏狭な左寄り思想の影響で、宗教はタブー扱いになっている。だから表だった対立も起きにくくなってるのかもしれないが、逆にオウムなどのカルト宗教に対して無防備になる危険性もはらんでいる。

    初詣のタイミングで、たまには宗教の事を少しは考えてもいいかもしれないと思う。
    マナーの悪い参拝客などを見ると特にそう思ったりする。


    そんな感じで神社の種類まとめてみました。

    神宮・・・天皇や皇室と関わりの深い神社
    大社・・・著名な神社の総本社的なところ
    八幡・・・武士の神様「八幡神」をまつった神社
    天神・・・学問の神様「菅原道真」をまつった神社
    稲荷・・・農業の神様「稲荷神」をまつった神社


    <仏教雑学>

    先祖崇拝
    仏教といえばお墓参りなど先祖を敬う思想が感じられるが、元々のインド仏教には先祖崇拝はなかった。
    日本の仏教に先祖崇拝があるのは、仏教が中国を経由して日本に入ってくる過程でアレンジされたため。

    お地蔵さん
    お地蔵さん
    お地蔵さんは実は閻魔大王の化身。
    でも「子供を救う」「旅の安全を守る」とも言われている。

    天国と地獄
    天国と浄土
    仏教には天国や地獄の概念はないとされる。これはキリスト教やイスラム教の考え方。
    仏教で天国に代わるものは浄土。
    天国とは神様が創った安らかに暮らせる理想の世界。
    浄土とは苦しみがほとんどない世界で仏さまの教えを直に聞き修行が出来る世界。
    とされている。



    <参考>
    池上彰のそうだったのか!
    池上彰が今 伝えたいこと「宗教とは何か!?」 2時間SP 20160813


    [ 2017/01/01 16:48 ] 日想 | TrackBack(0) | コメント(0)

    メタリカ新作2016 - Blackened Recordings版 - 届く

    メタリカ新作2016
    「Hardwired...To Self-Destruct」デラックス盤
    Blackened Recordings版が届く


    Hardwired...To Self-Destruct - Blackened Recordings1
    METALLICA - Hardwired...To Self-Destruct - Blackened Recordings版
    2016年11月18日発売、、だったんですが、予約してても到着予定は11月28日でした。
    Blackened Recordings版だからなのか、そもそも輸入盤はそういうものなのか。
    考えたら新作の輸入盤を予約購入したことは今までになかったからね。
    現地で発売されて、そこから日本に送られてくるんだから、それだけかかるのか。
    日本アマゾンじゃなく、米アマゾンで直接買えばもっと到着が早いのか、そんな事はないか、等々、いろいろ考えは巡るがまあいいや。

    結局、「出荷が早くなりました」メールがアマゾンからあり、到着は発売から5日後くらいでした。

    ちなみに、「Blackened Recordings」はメタリカの自前レーベル。
    メタリカほどの超大物モンスターバンドになれば、自前レーベルとメジャーレーベルとの並行販売というのも可能なんでしょう。
    国際的な販売ルートの管理などはさすがにメジャーレーベルに託すしかない、しかし版権を含め作品の発売などある程度は自分たちで管理したい。そういう思惑が自前レーベル設立にあるのかな、と思います。

    Hardwired...To Self-Destruct - Blackened Recordings2
    見開き。
    紙質は普通というか、もうちょっと固い方がいいよね、という感じ。
    こういうジャケットの品質を求めるならやはり日本盤がいいんでしょうね。

    Hardwired...To Self-Destruct - Blackened Recordings3
    「Blackened Recordings」版ということで海賊盤みたいにペラッペラの紙が一枚しか入ってなかったらどうしよと思ってたんですが、きちんと歌詞が載った冊子も付いてました。
    たぶん内容はユニバーサル版の輸入盤と同じなんではないでしょうか。

    さて肝心の新作レビュー。
    発売日に合わせて、メタリカはYouTubeなどで公式MVを2時間毎に次々と配信するという快挙(暴挙?)を行いました。
    そんな事をしたら、CD買う人減るんじゃないかと思いましたが、どっちにしろ曲が違法にアップロードされる事は防げないですから同じ事だとふんだのでしょう。
    ぼく自身は、動画でぶつ切りに曲を聴くより、CDで通して聴く方が感動が大きかったですね。

    曲の感想はと言えば前作「Death Magnetic」をうまい具合に進化させてました。十分満足の出来です。
    今は一枚目を集中的に聴いてます(あまりいっぺんに聴いてしまうともったいないので)。
    デラックス版の三枚目はライブが中心なんで、まあ可もなく不可もなく。2014年に「Garage Demo Version」として公開された「Lords of Summer」も収録されてますがこれは新作用に撮り直した2016年度版。テンポはデモ版の方が勢いがあっていいんですが、音質等の迫力は2016年の方が良くて一長一短、微妙な感じです。

    ではブログも書き終わったし、そろそろ2枚目を聴いていくこととします。



    <関連記事>
    メタリカ新作2016発売決定!~曲目紹介~



     




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。